もの忘れ外来

  • HOME
  • もの忘れ外来

認知症

物忘れ外来では、症状が年齢によるものなのか、病気によるものなのかどうかを診断し、そして診断結果に応じて治療や対応をしていきます。 CTやMRIなどの検査や治療が必要な時は、近隣の病院や希望される病院への紹介もいたします。物忘れの原因疾患としては、主にアルツハイマー病、脳血管障害、レビー小体病があげられます。外科的な治療を要するものとしては、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症などがあります。

認知症とは

認知症とは、様々な病気によって脳の機能が低下した状態のことです。原因となる病気の多くは「アルツハイマー型認知症」と「脳血管性認知症」です。アルツハイマー型認知症には個人差もありますが、進行をゆるやかにすることのできる薬もあります。

認知症の早期判断

家族の方が最初に気づいた、認知症の症状と考えられる日常生活の変化を紹介します。下記のような症状、変化に家族が気づいたときは、早めにご相談ください。

  • 同じことを何度も言ったり聞いたりする
  • ものの名前が出てこなくなる
  • 置き忘れやしまい忘れが目立った
  • 時間や場所の感覚が不確かになった
  • 病院からもらった薬の管理ができない
  • 以前はあった関心や興味が失われた

(その他、ガス栓の締め忘れ、計算の間違いが多い、怒りっぽくなったなど)